11168011_848595985220958_5043811836887979951_n

6/21(日)BEGINレッスン(インプロ&ヒキダスワーク)

やりはじめるための自分チャージレッスン

やりはじめたいことはあるけれど、一歩進んでいくにはまだ躊躇する。
自分にとって、やりはじめたいことは何だろう?とモヤモヤする。
そんなあなたに必要なことは、「自分で自分をチャージ(充電)する力」
考えるより、まず行動! 
やりはじめるためには、自分自身の中に許可を引き出しオープンマインドの姿勢を整えていく必要があります。
そう、自分自身のど真ん中を感じていくことが大切。
自分では、すでにどうしたらいいのかわかっているのですから。本当は!

では、どうすれば?。。。。
それにはまずは「放電」→「チャージ(充電)」→「スイッチ•オン」の流れをつくることが重要。
みなさんいきなりスイッチを押そうとするから、うまくいかない場合が多いのです。

十分はチャージがあってこそ、「えい!」と一歩踏み出せるのであり、
そのためにはまずは「放電」が必要。
「放電」とは、いままで考え方であったり、過去の経験への縛りであったり、
まだ起きていない未来への躊躇であったり。
これらを整理することなしに、いや、ちゃんと感じないままに、先へ進もうとしてうまくいかないことがあると
「やっぱり自分には。。。。」という思考で逆戻り。さらに落ちこんだりすることも。

そう、だからこそ
「放電」→「チャージ(充電)」→「スイッチ•オン」の流れを自ら作り出すことが大切。

今回は
インプロ(即興芝居)のインプロバイザーりっきーと

自由大もやりはじめて早6年!
やりはじめることの支援が多いセンダイ自由大学プロデューサーの後藤が
コラボレーションで
あなたのやりはじめるための自分チャージのレッスン半日みっちりコースで行います。

「放電」→「チャージ(充電)」→「スイッチ•オン」を
ご自身で作り出せるためのBEGINレッスンです。





6月21日(日)
BEGINレッスン(インプロ&ヒキダスワーク)
やりはじめるための自分チャージレッスン



時間 13:00−17:00

1部 放電 (インプロワーク) 
   インプロ(即興芝居)による、考えるより体が反応するままに
   感じる、動かす。

2部 充電 (BEGINワーク)
   思考の癖のチェンジの方法と現在、過去、未来に関する質問に語る
   ことでやりはじめるためのチャージ力を磨きます。
   やりはじめる前に起きるモヤモヤについて感じるワーク

3部 スイッチ•オン
   やりはじめるための自分名刺づくりや、やりはじめた後におこる
   いろいろな現象にちゃんとちゃんと向き合って自分のど真ん中を
   感じるプロセスを通して、自分で自分のスイッチを押す

このプロセスで、あなた自身が動きだすアクションを引き出します。

費用   6000円〜8000円(トライアル金額)

会場 仙台市内(参加者にお知らせ)

主催 フォレストスクエア
共催 センダイ自由大学

講師

インプロバイザー りっきー
仙台の高校卒業後に仙台と横浜のスイミングスクールで約10年間、幼児から高齢者まで水泳や水中運動を指導。
人に教えることの難しさと興味深さを知る。俳優の専門学校や養成所に通い、某事務所に所属。
多数の舞台や劇場版ウォーターボーイズ、リングゼロ(バースディ)などの映画に出演。
また舞台の演出や音響などの活動もしつつインプロ(即興芝居)に出会う。
俳優としてだけでは生活できず帰仙し、作業療法士(OT)になるため医療・福祉系専門学校に入学。
インプロの要素を生かし様々な状況の方にアプローチをしたいと考える。卒業まであと数ヶ月の所で、
理想と現実のギャップに悩み休学(事実上退学)し心身共にどん底まで落ちる。
その後仙台で働き徐々に社会復帰する。2013年に急にインプロがやりたくなり調べると、
職場が震災の復旧工事のため長期休みになるのと東京での今井純氏のインプロワークの日程がぴたりと合い参加する。
福岡県飯塚市のインプロワークやインプロショーでは、
地域密着や地方でのインプロのあり方について考える機会になる。
そして『インプロ仙台 PAGE☆ANT』を立ち上げる。仙台・宮城・東北からインプロ(即興芝居)を観る・やる・楽しむ・気づく・学ぶ文化を広めるべく活動中。年齢や立場や状況に関係なくすべての人が、即興で表現すること相手と繋がる事を楽しめる。生涯スポーツならぬ生涯インプロを目指して…



ヒキダシスト BEGINコーチ 後藤光正
(自分名刺協会代表理事・ソーストレーナー・センダイ自由大学プロデューサー)
プロフィール
著書「2つの名刺を持ちましょう」
平凡なサラリーマンがたった一枚の「できること」より「やりたいこと」を
書いた自分名刺をつくることで出版が叶うなど、人生が大きく変わった
自分の経験を独自の名刺ワークショックとして全国で展開。
中学生から社会人、そしてシニア層まで一枚の名刺が未来を切り開く講座として人気。
名刺づくりで培ったヒキダス技術を活かし、現在では地域プロデュースや
小さい会社のプロデュースなど活動の幅を広げている。商工会などでも講演多数。

6/21(日)BEGINレッスン(インプロ&ヒキダスワーク)

お申し込みはこちら

受 付 中

pagetop