写真 8

この本を読もう!シリーズvol.1 2014/11/25(火)第一回課題本 『怒らないこと』 (アルボムッレ・スマナサーラ[著])サンガ新書 ゲスト:株式会社サンガ・編集部編集長・佐藤由樹さんを迎えて

仙台はまさに「学都仙台」。

どんな時でも、どんな場所でも、街のあちこちに「学びの場」があったら、すごいシティブランドになると思います。

自由大としてもいろんなところで、例えば本を片手に議論しあえるような場で作れたらと思っています。

1冊の課題本をもとに、みんなであーだこーだ哲学できたら面白いんじゃないでしょうか?

…ということで、この本を読もう!講座、最近お気に入りの東北大の学食「レストラン萩」さんのご協力いただいて、やらせていただきます。(ありがとうございます!)

まさに学都の象徴といえる街並みの中にある場所ですよー。

こんな素敵なところで、お酒を飲みながら、熱く哲学しましょう!




「仙台に初期仏教の出版社がある」ことをご存知ですか?

サンガさん。仏教の教えを広める目的で設立された出版社さんです。(社名の「サンガ(samgha)」は、「ブッダの弟子たちの集団」を意味するサンスクリット語だそうです)

http://www.samgha.co.jp

仙台に出版社があるって素晴らしいことではないですか?

ならば自由大学、「この本を読もうシリーズ」の記念すべき第一回として

サンガさんの本を課題本として決めました!

…でどんな本がいいんだろう?

「サンガ」編集部編集長・佐藤由樹さんにお尋ねすると…

***************
お薦めは、サンガ新書『怒らないこと』(アルボムッレ・スマナサーラ[著])です。

『怒らないこと』はサンガの刊行物の中で、もっとも読まれている本で、続編の『怒らないこと2』、実践編の『怒らない練習』も加えると、シリーズ累計40万部となりました。

近年、「怒り」をテーマにした書籍は多く存在しますが、『怒らないこと』は2006年に刊行し、それらの先駆けとなった一冊です。
仏教では貪(欲)・瞋(怒り)・痴(無智)の三毒をなくすことを目指しますが、『怒らないこと』は、この中の瞋(怒り)に焦点を当て、怒らない秘訣をとても分かりやすく解説しています。
仏教の教えに基づいて書かれている『怒らないこと』は、他の本にはない魅力があります。それは、他の多く関連本が「感情をどうコントロールするか」に焦点を当てているのに対し、『怒らないこと』は最終的に「自我をなくす」ということを目指しているからです。
そして、そのことに気づけは、怒らないことは簡単です!
***************

ありがとうございます佐藤由樹さん。

なるほど。

『怒らないこと』

この物騒な時代に、とても大切なことですねー。

なぜ、怒るか?

それはきっと「自我」があるからなんでしょうねー。

だから「無我」へ。なるほど、まさに仏教の教えですね。


…ということで、「サンガ」編集部編集長・佐藤由樹さんをお迎えして、第1回この本を読もう講座しますよー

ふかーく学ぶということは、
きらびやかな「表舞台」だけじゃなくて、
「舞台裏」も知ることだと、自由大学は考えています。

だから、この本を読もう!講座も、
「表舞台」の本の話だけじゃなくて、
「舞台裏」の編集の話もしてもらおうと思っています。

…ということで、編集長・佐藤由樹さんを迎えて

実際の編集でのこぼれ話などをしてもらいます!

「サンガ」編集部編集長・佐藤由樹さんから『怒らないこと』の編集秘話をお聞きしましょう。


皆さんまずは『怒らないこと』を手に入れて、読んで、そして講座に来てくださいー

この本を読もう!シリーズvol.1 2014/11/25(火)第一回課題本 『怒らないこと』 (アルボムッレ・スマナサーラ[著])サンガ新書 ゲスト:株式会社サンガ・編集部編集長・佐藤由樹さんを迎えて

  • 日程:2014年11月25日(火)
  • 時間:19:00~21:00
  • 場所:「レストラン萩」東北大学 片平北門会館(片平食堂)2F 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町1-14
  • 参加費:1,500円(ワンドリンク+軽食付き)
  • 定員:10 名
  • 講師:
  • 主な内容:
    ⓪基本的に課題本なので、『怒らないこと』を手に入れて、読んできてくださいー

    ①読んで来た内容で、皆さん議論しましょう。

    ②「サンガ」編集部編集長・佐藤由樹さんから『怒らないこと』の編集秘話をお聞きしましょう。

    ③出版社「サンガ」の出版理念についてもお聞きしましょう!
  • 備考:
    TEL.080-6029-9113(担当:野原)

お申し込みはこちら

受 付 中

pagetop