伊達なハレの日プロジェクト 仙台名物笹かまのハレ舞台

伊達なハレの日プロジェクト 「仙台名物笹かまのハレ舞台」 その1

事務局後藤です。

「伊達なハレ舞台」
そのとき開催された4日の「朝かま」アイディア会議のご報告。

仙台名物笹かまのハレ舞台ということで。
勝手連的に、朝に笹かまを食べる習慣を提案する「朝かま」がテーマ。
朝にかまぼこを食べる習慣「朝かま」をテーマにアイディア発想。
単にそのままだべるだけじゃない!かまぼこを食事の主役に!!を考えました。

笹かまを朝食の主役にしたら?どんな食べ方、料理があるのか?
また朝かまが話題になって、新聞に掲載されたら、どんな記事で載るのか? 

朝かま料理を食べながら参加者と、

● 自分だったらこんな食べ方があるかもという商品開発アイディア会議
● 自分が新聞記者であったなら、こういう記事を作るという話題づくりのアイディア会議

朝から2つの視点で脳をフル活用の授業です。


今回の会場はシェアCAFE BAR


まずは実際に朝かまを食べながらアイディア会議ということで、
私後藤の担当は おにぎり!づくり。

いろいろ考えて4つの味を考えました!!
具材はこちらおかか たらこ きゅうり キムチ クリームチーズ たくあん。

そして笹かまは、おにぎり用として、鐘崎様より商品提供をいただきました。
ありがとうございます。


さて、これらを組み合わせ4つの具材を作成。こんな感じ。


◆笹かまを小さく刻んで

1、笹かまとたくあんとマヨネーズあえ
2、笹かまとおかかとクリームチーズあえ
3、たらこと笹かまあえ
4、笹かまとキムチときゅうりとクリームチーズあえ

↑ クリームチーズがポイント!キムチの強い味を和らげます。

参加者みんなで、おにぎりを握ります。


学長のおにぎりはすごいことになっていて写真に耐えられそうもないので割愛いたします(笑)
共同作業はなんか楽しいですね。

そしてみんなの力作がこちら↓


朝カレーも流行っているので、カツカレーならぬ、ササカレーも作ってみました。
まずは、腹ごしらえということで「いただきます」


こちらは笹たらこ、笹かまの歯ごたえと、それぞれの具が思いのほかマッチ。
私のお気に入りは笹かまとキムチクリームのきゅうりあえ。
五福星早坂さんの言い方を借りると、案外ミスマッチマッチでけっこういけます。

 ここで参加者の朝かま食べてみての感想(かまぼこってどんな存在?)と自己紹介タイム。


学生から社会人までいろんな方が参加いただきまいた。
参加者からも、朝かまいいですねと好評価。

なんか体にもよさそうという声もちらほら聞こえ、
その声に答えるべく佐々直佐々木さんからミニレクチャーを開催。


佐々木教授のワンポイントレッスンをまとめておきます。

◆仙台笹かまは高級魚吉次(キンキ)をしている特徴
だからお土産に人気なのですね。

◆良質なタンパク質と低脂肪健康長寿に役立つかまぼこ製品
日本が長寿なのも、元々ご飯を主食に、
魚の主菜、野菜の副菜、汁などをあわせた「一汁三菜」が伝統的な献立パーターン。
良質なタンパク質源で低脂肪のシーフード、中でもかまぼこは手軽に食べれるヘルシーフード。
欧米では手軽に食べれるヘルシーフードとして人気。

◆血液サラサラに。集中力もアップ

◆カルシウムで丈夫な体
日本人に不足がちといわれるカルシウムも豊富。

◆鉄分で貧血防止
これ知らなかったという参加者がほとんど、私も知らなかったです。


参加者もこれらの話を聞いて、ヘルシーと朝が結びつき、朝かまのイメージがさらに具体化された様子。
さらに後半は、朝かまサンドと朝かまニュースを考えるワークショップを開催。

その様子はまた後日ご連絡。

pagetop