宮城日本酒PR学部

センダイ・女子大生マーケティングゼミナール・ジャズフェス純米酒バーデビュー

センダイ自由大学では
センダイ・女子大生マーケティングゼミナールハジメマス!

現役女子大生からみたセンダイをいろんな形で紐解くゼミナール。

彼女たちが感じるセンダイらしさは、
僕ら事務局が感じるセンダイらしさとも違うはず、
どっちが正しいかではなく、どちらも正しいいろいろな視点でセンダイをヒキダス。

いろんなチャレンジをしていきます。

一回目は純米酒王国宮城の日本酒をヒキダス!
宮城の日本酒でカクテルを作るがテーマで

先日、当大学客員教授 勝山蔵元伊澤治平さん協力のもと
県内の女子大生6名に集まっていただき 開催しました。
 

まずは、普段日本酒のあまり、というか全然飲まないという人がほとんど。
でしたので、伊澤教授のレクチャーを

 

場所は勝山さんのバーラウンジということもあり、最初はみんな緊張の様子。

しかし、そこは伊澤教授。
伊達藩御用蔵として、江戸時代にどんなお酒が飲まれているかなど歴史を取り入れ、
実際にその時代に飲まれていたお酒を再現した「元禄」、そして名酒「暁」、市販の清酒。
この3つを飲み比べしながらのお話に、彼女たちもだんだん緊張が解けた様子。

この日は勝山さんだけでなく、
女性向けのお酒などの取り組みもお酒や情報誌などを通じてトライされている
浦霞で有名な佐浦さんの芳賀さんもご参加いただき、自社商品についてもレクチャーいただく。

 

日本酒のイロハを学んだら、次は実践ゼミナール。
自分たちがこれだったら飲んでみたいかもという日本酒カクテル作りに挑戦。
まずは伊澤教授がお手本。



和装でジェーカーを振る教授、素敵です。

どんなものをあわせても自由。
テーマは、これだったら飲みたいかもという気持ちが重要。



ペアになり、早速カクテルづくり。
周りにいる大人は口出しせず、聞かれたら答えることに。

分からないことは分かる人に聞く、味見をしてもらう、意見をもらう。
彼女たちは自分たちの判断で見よう見まねで挑戦。

 

さてさてどんなカクテルが出来上がったのか?
それはまた次回お届けしますね。

それまで待てないという方!
実はこのときに女子大生が作った日本酒カクテルが今年もジャズフェスの登場します!!
センダイ自由大学も企画運営に携わっている宮城の純米酒のみ扱う純米酒BARのカクテルとして2種類登場。

純米酒BARとは↓
http://blogs.yahoo.co.jp/miyagijunmai

昨年より飲み手が集まり、宮城の酒をもっと知ってほしい、飲んでほしいと有志が募り、
音楽と酒のテーマにぴったりのジャズフェスに出店したのが純米酒BAR。

2日間で1000人以上のお客様にきていただいた伝説のBAR復活です。
今年は16蔵の協力をいただきパワーアップ。

昨年同様定禅寺ストリートジャズフェスティバル。
錦町公園会場にて2日間にわたり開催。

その時に女子大生カクテルも登場です。


ネーミングだけお知らせしますね。

◆ 初恋
◆ レゲポン

さてさてどんな味かは、会場でお確かめください。

そのほかも
【9月12日】

 内ヶ崎酒造店 [鳳陽(ほうよう)]
 川敬商店 [黄金澤]
 中勇酒造 [天上夢幻]
 金の井酒造 [綿屋]
 萩野酒造 [萩の鶴]
 一ノ蔵 [すず音]
 勝山企業 [勝 山]
 阿部勘酒造店 [於茂多加(おもたか)男山]

【9月13日】
 石越醸造 [澤乃泉]
 田中酒造店 [真 鶴]
 千田酒造 [栗駒山]
 山和酒造店 [山 和]
 角 星 [金紋両国]
 佐 浦 [浦 霞]
 寒梅酒造 [宮寒梅]
 大和蔵酒造 [雪の松島]

のお酒が楽しめます。
 
後藤は12日バーテンダーとしてカクテル作りをしております!!
会場でお会いしましょう!

pagetop