0425-1

5月20日(水)シゴトBAR Begin✖︎はたらく with センダイ自由大学

【ネパール支援緊急チャリティセミナー】
〜楽しく参加して国際支援!!〜

この度ネパールで発生した大震災により多くの尊い命が犠牲になりました。
また、大きな産業がないこの国にとって、復興の負担は豊かな日本の比ではありません。緊急、そして長期的な支援が必要になると思われます。
ネパールの無医村への診療所建設や物資の援助など、支援活動を続けてきた異業種交流会FORESTではセンダイ自由大学と共同でチャリティセミナーを開催することになりました。
このプロジェクトのご協賛いただいた多くの講師の皆様、参加いただける皆様に感謝申し上げます。
また、このプロジェクトにご賛同いただける講師やボランティアの方がいらっしゃいましたら、是非お知らせください。




5月20日(木)
Begin✖︎はたらく with センダイ自由大学
「シゴトBAR」~パラレルキャリアとは~


※ネパール支援チャリテーワークショプとして、参加費の半額をネパール支援のために寄付をさせていただきます。

人生いろいろ、シゴトもいろいろ。
ライスワーク、ライフワークもあるけれど
世の中いろいろな働き方、生き方もあるけれど
実際にはたらいてみないとわからないこともたくさん。
でも、はたらくっておもしろい!そうBEGINはそう考えます。

シゴトBARでは、いろいろな分野の「はたらく」専門家
のお招きして、肩肘張らずにお酒を楽しながらお話を聞く
ゆるい場です。

学生にとってはリアルOB・OG訪問の場。
お勤め中の自分のはたらくについて考える場。
そして参加者どうしが、はたらくを語らう場になったら
うれしいなあと思います。

5月のテーマはパラレルキャリアについて
NPO法人宮城国際支援の会理事長の佐藤さんに
お話お聴きします。

NPO法人宮城国際支援の会
今回のネパール支援にて、現地ネパールカトマンズスクンダラライオンズクラブ
と連携して確実に必要な支援を必要な場所に届けてくれるため
コーディネートをしてくれます。
そこで活動するみなさんは本業を持ちながらも、精力的に今回だけに限らず
これまでも長年、タイやネパール地区の発展に寄与されてきました。

このように本業とする仕事の他に、社会的活動の場を持ち、積極的に参加・従事する
パラレルキャリアを歩む人が増えています。
あの ピーター・ドラッカーが著書の中で提唱した言葉としても有名です。
パラレルキャリアは、プライベートと仕事の他に第3の社会的な活動の場を獲得することで
す。副業・ダブルワークとはどう違うのか?
今、終身雇用制が形骸化している中、シゴトへの価値観も変容し、働くことの価値が、いかに
自分を磨き、自分の心を満たし、その結果だれかのため、地域にも貢献する働き方について
リアルな声を聞いていきます。

後半は、ゲストとともに、「はたらく」を一緒に考えていきます。
今回の参加費の半分は、ネパール支援に活用させていただきます。


日時 5月20日(水)19:15~21:00
   1部 NPOというシゴト
   2部 パラレルキャリアについて考えよう
   ネパール支援プロジェクトについて

場所 ワークショップスペースBEGIN
参加費 1000円(ワンドリンク付き)
ゲスト  NPO 法人 宮城国際支援の会 
     理事長 佐藤雅彦 (MASAHIKO SATO)さん
主催 BEGIN✖︎センダイ自由大学
共済 ネパール支援プロジェクト

プロフィール
NPO 法人 宮城国際支援の会 
理事長 佐藤雅彦 (MASAHIKO SATO)
2003年の発足以来、同会の主要メンバーとして国際支援活動にボランティアとして従事。
2013年7月より現職。



5月20日(水)シゴトBAR Begin✖︎はたらく with センダイ自由大学

お申し込みはこちら

pagetop