スクリーンショット 2015-06-03 15.45.38

授業レポート Ask me about Sendai 一番町を英語でガイドする

授業レポート Ask me about Sendai 一番町を英語でガイドする

4月より5回連続講座として開催しました
地元を英語でガイドするプロジェクト
Ask me about Sendai
4月13日をスタートに、講師ジャスティンから
英語でガイドするポイントや、ガイドそのもののポイントを教わり

5月30日には参加メンバーが3つのルートをそれぞれに
英語で一番町をガイドしました。

一番町を
定禅寺通りー彦一などーアーケード巡るー藤崎
藤崎からいろは横丁ー野中神社
藤崎ーしまぬきー三滝山不動院





参加者からも知っているようで知らない仙台に触れることができた。
何より楽しい!と喜んでいただく授業となりました。

そもそもの考え方のベースは
地元を自慢する人を増やすという
センダイ自由大学のミッションがスタート。
それが英語でも、日本語でも変わりません。
自分の地元を自慢する人を増やすというと
おおごと、地域ごとに聞こえるかもしれませんが
実は、それは自分ごと。自分が生活する場所を知ることが
個人の生活をより豊かにしてくれます。
自分にとってのいいねーを、そのお裾分けで他の誰かに伝えてみる
それが地元ガイドの原点。まずは自分が先。

参加者からは「地元を英語で語れる人、案内できる人が増えたら?と聞くと
・地元の面白さを知り、もっと知りたいなと思いました。また伝えていきたい
 と思いました。。そして英語や他言語でも話せたらいいなと思いました。

・英語で地元をガイドする人が増えれば、地元をもっと深く知ってもらえるかな。
 そして実際に街を訪れた人々の口コミで街を訪れる人々が増えるといいな。

・若干、おしつけがましくなりそうだがW、知るは楽しさが広がるので
 おもしろい!楽しいが仙台に増えると思う。

・仙台がもっとグルーバル化して、どんな人にとっても住みやすい誰でも優しい街が
 できてとっても魅力的な街になる。

・より仙台が好きになれると思う。

・より多くの外国人誘致につながると思う。

・仙台に親しみを持ってくれる人が多くなり、訪れてくれる人も増えて仙台に活気が
 溢れる

・仙台を訪れる外国人の人々に、地元の人のガイドを聞いて仙台に訪れる口コミが
 広がるといいなと思う。

・人が人が連れてくる、違った側面で街がクローズアップされると思う。

などの声が届いています。

地元を知ると語りたくなり、それをはじめて訪れる
日本人でも、外国人にでも、地元人が語り伝えていけたら
きっと素敵な街になりますよね!

自由大では
JIMOTOを英語で語るをこれからもトライしていきます。

Ask me about Sendaiも第2期もスタート
今回は仙台の名物を語るです
6月16日(火)スタートの5回コース
詳しくはこちら
http://www.s-jiyudai.com/guidance/9558

pagetop