IMG_7279 のコピー

【授業レポート】Ask me about Sendai 第3期 仙台城址をガイドする

【授業レポート】Ask me about Sendai 第3期 仙台城址をガイドする


これまで
1期 一番町を英語でガイド
2期 仙台名物を英語でガイド
そして
9月17日より全5回のコースで行われた
Ask me about Sendai 第3期
4回のレクチャー、1回の実践。 

今回は「仙台城址」がテーマです。そうゴールデンルートですね。
ただいきなり上に連れて行ってもおもしろくないのです。
実はその道中が面白い。
日本フィギヤスケート発祥の五色沼があったり
桜がけっこう穴場の長沼、いろいろな門のあとを通り昔に想いを馳せながら
博物館裏には、伊達政宗公の像がじつはもう一つあるのをご存知ですか?
そしてその近くは酒蔵だったのです。
なんて知ってるようで知らない仙台を
ブラタモリではないですが、あなたの知らない仙台城址をお伝えしながら
今度はあなたが英語でガイドするとしたら?にチャレンジしました。

決まったコースではなく
自分たちで案内したいところを見つけることも
今回大事なポイント。

自分ごとで地元を見てみることが大切。

同じ場所も人によって案内視点が変わるのが面白い。
今回は2チームに分かれて実際に最後は仙台城址周辺をガイドしていただきました。



Aチームは日本フィギアスケート発祥の地五色沼をスタートに、仙台市博物館裏を通り城址へ登るコース

Bチームは今度は城址から国際センター前まで下るコース

クロスする場所もあればそれ違う場所を
みなさん各自調べてきた内容をガイド。

少々緊張の様子でしたが
ガイドが始めると徐々に熱く思い思いの熱のこもった案内でもりあがりました。















今回お互いをガイドしあい
なんども来ているはずの場所も
知らないこともたくさんあるということに気づくと同時に
ちゃんと語れるといいなあということ。

地元を英語でガイドすると
いろいろなものが見えてきます。

次回は
季節柄
定禅寺の光のページェントを予定しています。

地元を英語でガイドする未来があると
あなたにとってどんな未来がまっているのでしょうか。

交流都市仙台にむけて興味があるかたはぜひご一緒しましょう。

→次回インフォメーション

11月26日(木)スタート 地元を英語でガイドする 
Ask me about Sendai 第四弾
「定禅寺通り・仙台光のページェントをガイドする」

pagetop